「いつかは当たる」競馬予想

 安田記念の思い出
 2001年京王杯パドックで写真を撮っているとブラックホークの
気配がすごく良くて勝利間違いなしとブラックホークから流しました
しかし三着でハズレ当時の馬券は三連複・三連単がなく、あれば
三連複は取れてたでしょう。
さて安田記念の日にもパドックで撮影していましたが応援していた
ビハインドザマスクをメインにブラックホークなども撮影しましたが
ブラックホークの気配がおとなしく見え、京王杯よりも悪いなと判断
し、ビハインドザマスクからの流し馬券を購入。
結果はブラックホーク・ブレイクタイムで馬連12万円馬券でした。
ビハインドザマスクは5着です。今も当時の写真があります。

2日の結果は阪神8R11Rが的中でした。
3日予想
阪神2R  ◎13○9 ▲4  △2・3・5・16
   10R ◎2 ○9 ▲14 △1・13・15・16
   11R ◎6 ○5 ▲4  △1・2・3・9
東京7R  ◎9 ○7 ▲4  △2・3・15・16
   11R ◎1 ○15▲14 △2・4・5・11
▲は4・14ばかりです。

ダービーはPOG馬ワグネリアンを忘れていましたがもう一つ大事な
事を見落としていました。それは調教で7ハロンを92秒で走っていた
ことです。この7ハロンと92秒というタイムがミソです。ほぼ100%
の確率で連帯します。3日のスワーヴリチャードが7ハロン92秒で
調教しています。ほぼ間違いないと思います。
ほとんどの馬がだいたい97秒くらいのタイムで走ってます。
また7ハロンを走る馬はあまりいません。参考までに書きました。

「いつかは当たる」でしょう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック